<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

メモリ増設作業手順書

ここではパソコンにメモリを増設する手順を説明します。
【事前準備】作業の前に次のことを確認してください。
(1)静電気対策
電子回路、特にメモリは静電気にとても弱いです。静電気対策をしっかり行ってください。
①電子回路の金属部分には触らないように。特にメモリー金色の端子部には注意してください。
②静電気が発生しやすいカーペットの上での作業は避けてください。
③夏場、クーラーは除湿モードには絶対にしないでください。クーラーを切り、汗が滲む程度の方が安全です。冬場の乾燥期は事前に水道管や大地に触り、体に溜まった静電気を逃がしてから作業しましょう。

(2)指先を使う作業があります。指先に自信の無い方はどなたかサポートをお願いしてください。

(3)パソコンの取扱説明書を手元においてください。カバーの外し方、メモリの取り付け方は事前に見ておいてください。

(4)さらに、次のホームページにメモリーの増設方法が載っています。動画もあり大変参考になりますので、事前にみると自信がわきます。
IODATA:メモリの増設方法
URL  http://www.iodata.jp/promo/memory/add/installation.htm
IODATA:メモリ増設動画
URL  http://www.iodata.jp/promo/memory/add/movie.htm 

以上、触るのが怖いと思われる注意事項ですが、そんなにシビアに考えないでください。もともと、メモリ増設は一般ユーザーが行うことを前提にしていますので、メーカーは十分配慮した設計を行っております。果敢にチャレンジしてください。

【手順1】作業前のパソコンの写真撮影
作業をするときは電源コード、LANケーブル、プリンターケーブル等の信号ケーブルは全て取り外します。再接続の時、失敗せぬよう、外す前に接続状態をスケッチもしくは写真に撮っておきましょう。

【手順2】パソコンの電源を切り、電源コード、信号ケーブルは全て外します。

【手順3】バッテリーを取り外します。

【手順4】30分間放置します。
コンデンサー等に電気が残っている接触により壊れてしまうことがあります。ここはゆっくり、ゆっくりと待ちましょう。

【手順5】取扱説明書に則ってカバーを外し、メモリの実装場所が出て来るところまで、ゆっくり落ちついて作業を進めてください。この時、内部にネジなどが異物が入いらないよう、必要な工具以外はパソコンから遠ざけて置くと良いでしょう。外したネジと部品は1箇所に置いてください。

【手順6】内部の通気穴や冷却用ファンにゴミや埃が付着していましたら、小さな刷毛等で取り除いてください。

【手順7】空スロットがあるときは購入したメモリを装着してください。
空スロットがない時はメモリの差し替えになりますので、差し替えてください。
2枚1組で購入した場合は、空スロットがあっても無くても古いメモリは全て取り除き、購入したメモリ2枚をスロットに装着してください。
メモリの取り外し、取り付けでは、小さな留め金具を指先で動かします。
無理をせずに慎重に行ってください。
古いメモリは元に戻す場合がありますので、どちらのスロットに入っていたかメモしておいてください。

【手順8】メモリの取り付けが終わったら、逆の手順で組み立てていきます。くれぐれも中に異物を残さないように。

【手順9】バッテリーを取り付けてます。

【手順10】信号ケーブルを取り付けたら、最後に電源ケーブルを接続します。これで完了です。

【手順11】電源をオンにして、デスクトップ画面が出るまで、待ちます。設定は必要ありません。パソコンによっては初期チェック等で時間がかかる場合があります。キーやマウスは動かさずまってください。稀にエンターキーを促すことがありますので、画面には注視してください。

【手順12】いつものデスクトップの画面がでましたら。
マイコンピューターを右クリックし、出てきたリストの下のプロパティをクリックし、システムのプロパティ画面でMB(またはGB)、RAMの表示のある数字をメモしてください。
この数字が増設前の数値+今回追加したメモリ容量の合計値になっていれば、増設は成功です。
例 増設前が224MB(実装は224MB+32MB=256MB)に512MB追加した場合は
  224MB+512MB=736MBとなります。32MBはパソコンによって違いますが、システムで使われるエリアです。

【注意1】
おかしな現象が出ましたら、一度元のメモリに戻して、やり直して見てください。
それでもダメでしたら、メモリの不良か特性の違いか、何か問題があります。お助けマンにメールください。
【注意2】
RAMの意味はアプリケーションプログラムの処理に使われるメモリエリア(RAM)のことです。
XPの場合は最大が2Gであり、追加分はすべてRAMになりますが、Vistaやセブンの場合、RAMは2.5GB程度に押さえられているので、最大4GBのメモリを実装しているにもかかわらずRAMが2.5GBと少ない数字になります。2.5G以上のRAMは無意味であり、それを超える部分は別の用途に使われています。注意してください。

 目次へ戻るここ【クリック】
相談室へ戻るここ【クリック】 
    
[PR]

by pc-otasukeman2 | 2010-07-30 11:14

増設メモリ型番決定から購入までの手順書

はじめに

メモリの技術は日進月歩です。
増設するメモリはパソコンの機種・型式によって違います。
XPの発表当時と今では方式もスピードも容量も大きく変わっています。
しっかり読んで正しいメモリを決めてください。
 私の愛用のXPパソコンは2005年8月に発売された富士通のパソコンです。
パソコンの型式はFMVNB40MJ。メモリは標準の256MBが搭載されています。
取扱説明書には「メモリの増設/交換」の章があり、次のような記載がありました。
■メモリ(拡張RAM(ラム)モジュール)
FMVNM25F3(256MB)、FMVNM51F3(512MB)、FMVNM1GF3(1GB)のメモリのうち、1枚取り付けられます。


 このメモリは富士通の純正部品です。
2年前、既に販売が終了し、入手することが出来ませんでした。
困り果てて知ったのが、パソコン周辺機器メーカーのメモリ供給システムです。
パソコンのモデル名(型式)さえ分かれば増設するメモリを決めて販売してくれるのです。
周辺機器メーカーは「I・O DATA(アイ・オー・データー)社」と「バッファロー社」の2社があります。
今回はI・O DATA(アイ・オー・データー)社の「対応製品検索システムPIO」をご紹介します。

【パソコンの型番を調べる】
パソコンの裏面や側面にメーカー名や品名(モデル名)の近くに記載されています。
メーカによっては型名、型番、型式等呼び方はまちまちです。(以下型番と呼ぶことにします)
【お助けマンのXPパソコン】
b0190726_14332285.jpg


【搭載しているメモリ容量を調べる】
【システムのプロパティで調べる方法】
パソコンを立ち上げる。
マイコンピューターを右クリックし、出てきたリストのプロパティをクリック
システムのプロパティ画面の中に、MB、GB、RAMの表示のある数字がメモリ容量です。
 この数値は実際に搭載されているメモリより20~40MB少ない数字になっています。
実際の搭載メモリは256MB、512MB、768MB、・・・、256MBの倍数となります。
【その他の確認方法】
標準モデルを購入した場合は取扱説明書やカタログの仕様表に記載されています。
手を加えたパソコンであれば、現物を見て確認してください。

【パソコンの型番から増設メモリを決める】
インターネットを起動し、I・O DATA社の対応製品検索システムPIOのページを開く。
URL  http://www.iodata.jp/pio/
b0190726_15131484.jpg

 
型番・モデル名の入力欄に先ほどメモした、パソコンの型番一文字ずつ入力します。
文字を入れていくと、右横のメーカー名が絞られて表示され、ある程度入力をしていくと、メーカーが一つになります。ここで注意が必要です。最後の方の入力で、それまで表示されていたメーカー名が消えて、「型番・モデル名が登録されていません。型番・モデル名を修正してください」と表示される場合があります。この場合はバックスペースで文字を消すと、再びメーカー名が出ますので、入力を終了してください。

次に機種タイプ(=すべて)、発売年(=すべての発売年)、調べたいカテゴリー(=メモリ)の入力欄がありますが、(  )内の状態のまま、下にある[検索]ボタンをクリックします。
b0190726_15293447.jpg


検索した結果が表示されます。
パソコンのモデル名、型番、発売年月、メモリ情報:容量(最大)スロット数が表示されますので、型番を確認して、その型番の上をクリックします。
b0190726_15352214.jpg


④パソコンの仕様表と使えるメモリの型番が表示されます。
この中から、メモリを選びます。
b0190726_15391199.jpg


【メモリの選び方】
メモリを取り付けるスロット数を確認してしてください。
【スロット数0】 XPの初号機はこのタイプです。メモリ増設はできません。

【スロット数1空1】 メモリを取り付けるソケットが1箇所しかありません。
古いタイプであり、標準のメモリがメインボードに直接取り付けられています。
標準は256MBもしくは512MBを搭載していますので、最大は1.3GB、もしくは1.5GBとなっている筈です。私のパソコンはこのタイプです。
256MB、512MB、1GB どれでも追加できます。私は2年前に512MBを増設しました。
最大の1GBを選ぶべきでした。後悔しています。

【スロット数1空0】 メモリを取り付けるソケットが1箇所しかありませんが、そのソケットは使われています。増設はメモリの差し替えとなります。一番大きなメモリを選んでください。
【スロット数2空1】メモリを取り付けるソケットが2箇所あり、1箇所に標準の容量のメモリが実装されています。2枚の組み合わせで増設メモリの容量を決めてください。XPの場合、最大容量になるよう増設することをお奨めします。

【スロット数2空0】 メモリを取り付けるソケットが2箇所あり、それぞれのソケットにメモリが取りつけられています。この場合は2枚のメモリを差し替えて増設します。
例えば、標準が512MBであれば256MBを2枚が実装されています。1G にするには512MBの2枚組みを選んでください。しかし、XPのこのタイプは最大が2GBになっていると思いますので、1GBの2枚組みを購入することをお奨めします。
2枚組で使う方式はデュアルチャネル方式とよび、同じ仕様・容量のメモリをペアで使うタイプです。
必ず2枚組みを選ん2枚とも差し替えてください。

【例外にご注意】
実装されているメモリが256MBの場合は問題ありませんが、512MB以上の場合、
必ずしも1つのスロットに実装されているとは限らないということです。例えば512MBの場合、一つのスロットに256MB、もう一つのスロットに256MBを実装して合計512MBということもあるのです。空きスロットがなければ差し替えによる増設になりますから、購入すべきメモリの容量は変わってきます。必ず増設前の実装状態を確認してください。
最近こんな例がありました。標準512MBに256MBを増設して768MBにしようと思い256MBのメモリを購入しました。中を開いて見たら、256MBが2枚、2つのスロットに実装されていたのです。空きスロットがありません。やむなく512MBを追加購入して増設したのですが、256MBのメモリが2枚が無駄になってしまいました。パズルのようですが、大失敗でした。

【もうひとつの選択肢】
最近のメモリにはもう一つ選択肢があります。
それは、メモリ容量が増えると消費電力が増えます。バッテリーを使う方は使用時間が短くなるなどの影響を受けます。その為、メーカーは低消費電力タイプも提供しているのです。型番にHの文字がつくものです。SDX667-H1GX2は低消費電力タイプ、SDX667-1GX2は一般タイプです。
低消費電力タイプは若干値段が高いようです。
ご自分のパソコンにあった方を選んでください。

【メモリ購入】
一般のパソコンショップ(売り場)でも型番を示せば購入できます。
インターネットショップで購入できる方は次の手順で購入品を選んでください。
価格もお得で、送料無料、何よりも在庫が豊富で数日で手元に着くのが魅力です。

インターネットショップ「amazon.co.jp(アマゾン)」のトップページを開く
URL  http://www.amazon.co.jp/
検索欄にメモリの型番を入力します。
2枚組みの型番は「SDX667-H1GX2」のように「X2」の「X」はアルファベットのX(エックス)を入力してください。記号の×(かける)は認識されません。
 他は一切入力せず、検索入力欄のすぐ横にある[GO]をクリックします。
b0190726_1631270.jpg


いくつかの商品が表示されますので、そこから1つ選び購入します。
型番が正しく入力されれば1番に表示される商品がお奨めだと思います。
b0190726_1633362.jpg

ここで注意があります。
【注意1】
同じメーカーの同じ型番でも価格や写真が違うものがあります。
これは、メモリの発売年月の違いによるものです。((  )内の年月が発売年月です)メモリは日進月歩です。新しいものは安くなります。パソコンの発売当時に近いメモリを購入したい方は古い方を購入してください。ただ、その必要はないと思います。私は安い方を購入しています。
【注意2】
中古品もありますが、新品の在庫があれば新品を購入してください。
【注意3】
IODATA社以外の商品も出てきますが、他のメーカーのものを買うときは十分仕様を確認してください。決まりましたら買い物かごに入れてレジに進んでください。
以上、長くなりましたが、手順通り、ゆっくり進めて、メモリを手にしてください。

目次へ戻るここ【クリック】
相談室へ戻るここ【クリック】 
[PR]

by pc-otasukeman2 | 2010-07-24 17:42

パソコンのリカバリ(購入時に戻す)について

kosuzume2さんにコメントを書いているうちに、ブロ友の皆さんにもお知らせしたいと思い、資料室に登録しました。

 【リカバリメディア(CD、DVD)とリカバリ】 
 XP以前はパソコンを購入すると沢山のDVDやCDあるいはFDが添付されていましたね。これらがリカバリメディア、リカバリディスク、リカバリCD、あるいは起動ディスクと呼ばれるものです。いずれもHDD(ハードディスクドライバ)に格納されたOSやアプリケーションソフトが何らかの原因で破損したり、変更されたりして使えなったり、またはハードディスクの一部で読み書きが出来なくなって、ソフトが起動できなくなった時に、修復に使われる原本のOSやアプリケーションが入っています。HDDをきれいに掃除したり悪い所を修復してから、 原本のOSとアプリケーションを再度HDDに格納すること、これがパソコンのリカバリー(購入時に戻す)です。

 【リカバリメディアは自分で作る】 
このリカバリーはウイルスが存在しなければ、一生の内1回か2回、有るか無いかです。あったとしても、自分で出来る人は少ないでしょう。特にパソコン初心者には無理だと思います。そんな訳で添付されている沢山のDVDやCDはほとんどゴミとして捨てられています。
このエコの時代、問題ですよね。
そこで、メーカーはHDDの一部に原本のOSとアプリケーションを格納することを考えたのです。格納エリアは当然ハードディスクCやDとは別のエリアです。これを使ってリカバリしますから、リカバリメディアは必要がなくなります。ほとんどのメーカーや製品はリカバリメディアは添付されていないようです。
この方式の一番の問題はリカバリ格納エリアがウイルスに犯されたり、読み取りが出来なくなった場合です。こすずめさんのようにリカバリ操作はできるが、おかしな現象が再発したのは、まさに原本のOSかアプリケーションがウイルスに犯されていたからです。こうなるとどうにもなりません。
メーカーに持ち込むか、正規のリカバリメディアを購入してリカバリをやり直すしかありません。

製品出荷時は厳重な検査を通りますから、その心配はありませんが、長年使っているとありうることです。そこで必要になるのが、購入直後に行う「リカバリーメディアをつくる」ということになるのです。
Vistaやセブンはプログラム容量が多いためDVD-Rを4,5枚が必要です。
ブロ友の皆様はご自分でリカバリする力は十分お持ちと思います。この際、リカバリメディアを確認してください。
そして、手元に無い方はリカバリメディアを作成してください。
リカバリメディア作成ツールはすべてのプログラムの中にある筈です。
私のパソコン(東芝・セブン)には「リカバリメディア作成ツール」が入っております。
このソフトを使って、リカバリメディアを簡単に作成することができました。

目次へ戻るここ【クリック】
相談室へ戻るここ【クリック】 
[PR]

by pc-otasukeman2 | 2010-07-24 07:36

画面のコピーと貼り付けとメール送信

タスクマネージャーの画面、デバイスマネージャーの画面、すべてのプログラムの画面、システムのプロパティの画面、そして異常を表示している画面等々、お助けマンには貴重な情報です。
この画面を写真に撮ってメールで送って頂いても構いませんが、より鮮明に画像を残す手段があります。下記手順を習得して今後の診断時に活用してください。
なお、写真に撮ってご自分のブログに掲載して「ブログを見て」とコメントして頂いても良いです。

【手順です】
①残したい画面あるいは知らせたい画面があれば、その画面が出た状態で、キーボードの「プリントスクリーン」キーを押してください。
「プリントスクリーン」キーはパソコンによって表示がさまざまです。次のようなキーを捜してください
「PRTSC」、「Insert/Prt Sc」「Print Scrn」
文字に色が付いている場合は同じ色の「FN」キーを押しながら「Insert/Prt Sc」キーを押すと、プリントスクリーンキーになります。
プリントスクリーンキーを押すとディスプレイに表示されている画面を100%コピーします。
(この情報はパソコンの中に保存されるだけで、画面の変化はありません)

タスクマネージャーのように小さな画面で表示されているものは「ALT」キーを先に押しておいて、プリントスクリーンキーを押すと小さな画面だけをコピーすることができます。
文字に色がついているキーの場合は
「ALT」、「FN」 の2つのキーを押しておいて、「Insert/Prt Sc」キーを押すことになります。

②次にOffice Word(皆さんが使っているワードです)を起動します。カーソルが1行目の1文字目で点滅しているのを確認し、 「貼り付け」ボタンをクリックします。
先程コピーした画面が張り付きます。2枚目、3枚目があれば、①と②を繰り返してください。
ただし2枚目はワードは出ていますので「貼り付け」ボタンをクリックするだけです。
タスクマネージャー等の画面が全面に薄く残っている場合も、カーソルが点滅していれば貼り付けができます。もし、画面が邪魔であれば、閉じてください。

③ワードに貼り付いた画面は大きいサイズですが、小さく出来る方は小さくしてください。出来ない方はそのままでよいですから「名前を付けて保存」してください。
このワードはメールに添付して送りますので、わかりやすい場所に保存してください。

④メールを作成し、先程、名前を付けて保存したものを添付してお助けマン宛送信してください。
添付の仕方がわからない方はメールにてお知らせください。

お助けマンへのメールはここを【クリック】 

目次へ戻るここ【クリック】
相談室へ戻るここ【クリック】 
[PR]

by PC-otasukeman2 | 2010-07-22 11:25

よく使う文言・ツール入れ

コメントの幅を広げるプログラム

スキンの編集 → 編集クリック → HTMLとCSS編集がある
このCSS編集の一番下に下のタグを貼る
→ 保存 → 元のページに → これでコメント欄が広がったはず

DIV.XML {
MARGIN-BOTTOM : 30PX;
TEXT-ALIGN : CENTER;
FONT-SIZE : 8PT;
FONT-FAMILY : VERDANA;
}
TEXTAREA.TXTFLD { height:13em; }

b0190726_16252610.jpg


目次へ戻るここ【クリック】
相談室へ戻るここ【クリック】 
[PR]

by PC-otasukeman2 | 2010-07-18 10:22

Windowsのセキュリティ対策について

マイクロソフト社(M社)は2009年9月29日
無料のセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials(MSE)」 
を公開しました。

このセキュリティソフトはお助けマンが待ちに待ったソフトです。
何故ならば、M社がWindowsの「弱点(脆弱性・セキュリティーホール)」を自ら守ると宣言したからです。

パソコンのOperating System(OS)は有能である反面「弱点」も抱えて世に出されました。悪意のある第三者がその「弱点」に目を付け、プログラムを作り、パソコンへの侵入を企てているのです。
このプログラムがコンピュータウイルスの正体です。
OSに弱点がなければウイルスも発生せず、悩まされることもなかったでしょう。

「弱点」を事前に見つけて対策するのが困難なことから、M社はウイルスを発見してから弱点を特定し、それから修正プログラムを作って皆さんのパソコンを治すという手順を踏んでいます。パソコンを治すツールがWindows Updateです。パソコンの弱点は修正プログラム(M社は更新プログラムと呼んでいます)をダウンロードして、インストールして、パソコンを再起動したときに初めてなくなります。それまでの間はウイルスに脅かされていますが、この間、パソコンを守ってくれるのがウイルス対策ソフトなのです。
Windows Updateとウイルス対策ソフトの2本立てでパソコンは守られるのです。

ウイルス対策ソフトのメーカーはウイルスが発見されてから、その特徴を元に定義ファイルを作成します。いわゆるワクチンです。この定義ファイル(ワクチン)を契約者のパソコンに送り込むことにより、侵入してくるウイルスを拘束(隔離)し、削除(駆除)しているのです。
ここで、お判りと思いますが、自分の弱点を知っているM社が一番ウイルスの特徴を掴むことができるということです。
先日、セキュリティソフトが修正プログラムをウイルスと誤認して削除したためパソコンが起動できないと言うトラブルがありました。こんなことはM社では考えられないことです。本来、M社がウイルス対策ソフトを提供し、OSの弱点をカバーすべきだったのですが、日本ではそれがいつの間にかウイルス対策ソフトのビジネスになり、今日の状態になっています。ビジネスにすべきでないと考える団体がフリーソフトを提供をはじめました。皆さんの中にもこれをお使いの方がいるのではないでしょうか。これを歓迎したのは有料ソフトを購入できない開発途上国の人たちです。そのフリーソフトに飛びついたと思います。しかし、世界には悪いやつがいるものです。ウイルス対策ソフトと偽って、パソコンを狙ったのです。被害も増えたようです。そんなこともあり、M社は無料のウイルス対策ソフトを公開する決心をしたと思います。当然Windowsの人気挽回の思惑もあったでしょう。何故か日本ではMSEのPRは控えて目です。コールセンターの電話番号は日本語版には載っていませんでした。その理由は皆さんの想像にお任せします。

このウイルス対策ソフトが、
 「Microsoft Security Essentials(MSE)」 です。
ダウンロードサイトは
http://www.microsoft.com/security_essentials/です。ここ【クリック】

お助けマンもXPとセブンのパソコンにインストールして検証しましたが、シンプルで判りやすく信頼できるソフトという印象です。皆様も検討してみてください。
判らない方はコメントでお知らせください。

なお、このMSEにはM社の「Microsoft Defender」の機能も包含しています。
MSEの無料提供により「Windows Live OneCare」および「Microsoft Defender」の2つのセキュリティソフトは販売を終了しています。
M社はMSEに全てを託したということでしょう。

かえるさんもよしさんもMSEをインストールしました。
そして、かえるさんはトロイの木馬を見事駆除したのです。
フルスキャン(パソコンの全ファイルをチェックするもの)を必ず実行して下さい。4,5時間かかる場合もありますので、時間の余裕のあるときに。
かえるさんの場合、このフルスキャンで見つかりました。

MSEを導入するときの注意点
(1)他のウイルス対策ソフトはアンインストールする(M社推奨)
(2)XPパソコンでMicosoft Defenderをインストールしている場合はアンインストールする。
(3)ファイヤーウォール機能はないので、Windows のファイヤーウォールを有効にする。
(4)紛いものソフトに注意する。等です。
[PR]

by PC-otasukeman2 | 2010-07-17 20:24